読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は今でもまだ夢のまま

 

半年以上ぶりに、こんにちは。

謎の語りかけスタイルで今日も誰に読まれてるか分からない…いや、誰が読んでくれているのか分からないブログを書いてみようと思います。

 

2016年に入ってから1度も更新していないことに、更新しよ〜と思って開いた今、気付きました。

 

あれ?2016年半分過ぎたけどなんもなかったんじゃ…と思ったけど、ありますあります。人と比べると少ないかもしれませんがありました。

 

忘れたくないのでここに残します。

 

 

 

 2月27日「黒崎くんの言いなりになんてならない」公開

 

岸くんが 梶祐介役で出演しました「黒崎くん(略)」が公開しました!\パチパチ/

 

黒崎くんの原作を読んだ時点で「梶くん…岸くんやん…」って誰もが思うほど岸くんそのまんま!!って感じの役なので、なんの心配もなく、ただただ期待しかなく、楽しみにして見に行ったのは公開日の次の日の2月28日。

 

結構人が入るくらいの大きい映画館に、自分は始まる直前に入ったため席は満席に近く、当日の1時間前くらいに取ったチケ(楽しみにしてたわりにはテキトーな自分)だったので左端の通路側ってゆう、まあ正直、納得のいかない席でした(コンサートでもないのに通路側なんかいらんわ)。

 

始まるとところどころで「岸くん」って単語が聞こえてきたり、同じ列の真ん中らへんにおじさんが1人でどんと座ってて違和感を感じたり。

 

始まったら安定のおもしろさ。梶くんは岸くんで岸くんが梶くんで…梶くん役をしてる岸くん?岸くん役をしてる梶くん??って岸くん自身ですら分からなくなるくらいそれはそれは岸くんで。(笑)

 

そりゃあ映画の中に岸くんがいたら笑うよねってことで映画館は梶くんが映るたびにドッと笑いが起きて。どうだ、岸くんすごいだろう!って鼻が高くなります。ってゆうのは表現であって実際に自分の鼻が高くなるわけもない(なれよ!!)

 

映画の内容はぶっ飛んでるけどおもしろい。とにかくおもしろかった。

 

結局自分は4回観に行った。正直4回目に、「4回でいいな。5回目は行かなくていいな。」と思った。正直セリフも軽く覚えていた。それでも何回見ても梶くんはかわいかった。

 

雷のシーンで、漫画の中の梶くんと同様に映画の梶くんも雷が苦手で、雷が落ちて部屋が暗くなって、騒いでる中、芦川さんの腕にしがみついて「あしかわさんはぼくがまもるから」って幼稚園児が幼稚園の先生をちょっと恐れながら口説くかのように全部ひらがなでちょっと早口で。それはそれはかわいいけどおもしろくて。「そんなびびってる奴が何を言うとんねん」と。(笑)芦川さんに腕ふりはらわれてる姿もまた可愛くて。岸くんがこの役してて良かったと思う。

 

岸くんが梶くん役することに関して、確かに適役やったとは思うけど、奏多くんを超えることはないかなと思う(でました奏多くん信者〜〜)。

 

ま、黒崎くんの話だけで終わってしまいそうなので黒崎くんの話はとりあえずここまで。あー、ちゃんと更新しとけば良かったな。ぽわんぽわん

 

 

Endless SHOCK 2016

 

行きました。2日前くらいに決めて弾丸で行きました。お金ないのに行きました。(笑)

 

岸くんのいないSHOCKを観るのははじめてで、ユウタがいないSHOCKを観るのははじめてで。うん…( ;  ; )

 

じゃあなんで行ったのかと人は問う!!!SHOCKが好きだからです!!!!!と私は言う!!!!!

 

松倉が演じるユウタのいた場所、カイト…カイトも文句なしだった。素晴らしかった。さすがSHOCKだと思いました。

 

ただカイトが歌うDanceは観たくない聴きたくないと思ってしまった。観たけど(笑)普通に泣きそうになったこと覚えてます。涙こらえた。悔しかった。

 

でも結果観に行って良かったと思った。福ちゃんはすんごくかっこよかったし、当分福ちゃん福ちゃんって言ってたな、あの時は。

 

 

Welcome to Sexy Zone

in大阪城ホール

 

行きました、ちゃっかり。岸くんがこっち来てくれることなんてこんな時しかない。変な理由つけて行きました。行かないといけない気もしました。

 

優勝が見れた。大したことはない、ただMCで優太と勝利が隣同士で立ってた。それを私は双眼鏡で優太と勝利だけを覗くの。それはそれは幸せな世界なんです。

 

正直セクゾの新曲 勉強しないで行ったもんだから全然分からなかったんすよ。でも岸くんがBut...を踊ってるのは最高にかっこよかった。後から聞いた話によるとその日高地が不在やったらしくその代役を岸くんがやったとかなんとか。ごめん、けどありがとう高地。って複雑になりながらでも感謝したくなるくらいかっこよかった。

 

この時期になると岸くんは「暑いから」とゆう、それはそれはアイドルらしくない純粋な理由で髪の毛を切る。それがまたかっこいいのである。ふむふむ

 

 

そしてこの辺でジャニワ博多があることを知らされたような記憶がある。おい、岸くんの誕生日公演があるじゃないか、と。前楽じゃないか、と。1公演しかないのかよ、と。世の岸担がギラギラした瞬間だった。(知らんけど)

 

いや、岸くんの誕生日やろ?祝いたいに決まってるやん!行きたいよ!!でも当たるわけない…お金もない…当たるわけない…お金もない…でもここで本気出すしか…クソッ頑張るぞッッ(>_<)って思う貧乏人であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずここで区切らせていただきます。(笑)またこの続きはいつか…いつか更新する…いつか……